どんな業者が安心?外壁塗装業者選びに失敗しないための心得

外壁塗装で失敗しないためには業者選びが全て~優良と悪徳の違い~

トラブルが多発している

外壁塗装に関する相談件数は1000件以上、一日で寄せられる数は10件から15件と非常に多いです。減ることもなく、今もなお外壁塗装による相談が寄せられています。面倒なトラブルに遭わないためには信頼できる業者に依頼することが一番です。

こんな業者に注意!

作業員がどう見ても素人

ただ塗料を塗って終わりというわけではなく、外壁塗装には職人の技が必ず必要です。どうみても未成年で素人だと思われる作業員を連れてきたら、考え直すのが正しい選択です。手抜き工事のせいで、ボロボロの住宅になるでしょう。

定価が存在しない

我々一般人は、塗料の相場を細かく知りません。それに漬け込んで相場より高いものを無理に勧める業者も存在します。ネットでも、塗料の相場を紹介しているサイトがあるので情報収集に役立てるべきでしょう。

自分たちの考えを押し付ける

悪徳業者にしてみれば塗料の種類や施工方法を知らないというだけで、自分たちの言いなりにさせようとします。こちらは知識も何もないので「はいはいわかりました」といった具合にすぐ同意してしまうでしょう。これもトラブルに巻き込まれるきっかけなので、しつこく迫ってくるようなら考え直した方がいいです。

どんな業者が安心?外壁塗装業者選びに失敗しないための心得

作業員

業者の種類を把握する

塗装を考える前にまず、どこを工事するのかを決める必要があります。例えば、屋根の塗装が専門なのに外壁塗装をお願いするとなったら大丈夫かな?と不安になります。同じ外壁塗装業者でも得意分野が違うので、目的に合う業者を探すべきなのです。

営業マンを見極める

悪徳業者で働く営業マンは、知識にとぼしく人の話を聞かずに調査を開始します。中には外壁の様子をチェックせず、見積もりを出すという強行突破に出る方もいます。優良業者の営業マンは、外壁塗装に関する知識を豊富に持ち、こちらの質問にしっかり答えます。近隣住民への配慮も忘れないので、悪徳業者の営業マンとは比べものにならない程魅力的です。

大手と地元の業者ならどっちがいいのか

・大手の場合
外壁塗装の保証がしっかりしている他、トラブルが発生した際も迅速に対応します。大手メーカーの下請けとなるので、心配される手抜き工事というものはほとんどありません。

地元の業者
その地域に合う塗料を複数用意しているのが地元の業者の強みです。大手に比べて工事費用が安く、中間マージンが発生しないのが売りです。職人レベルの技を持つスタッフが多く、営業マンは気さくで話しやすい方が多い印象です。

比較も忘れてはいけない

運が良ければ、一発でいい業者に巡り合えるかもしれません。しかし、大手や地元の業者には必ず悪い面もあります。そのため、すぐに決めることはできないでしょう。名古屋に密着した数多くの業者も、施工や金額それぞれ違います。工事の質を落とさず、よりお得に行なうなら見積書の比較は大切といえます。

広告募集中