外壁塗装をする前に知りたい!塗料の賢い選び方

塗り直しを避けるために外壁塗装の塗料選びは慎重に行なおう

外壁塗装をする前に知りたい!塗料の賢い選び方

塗料

最も汚れが目立ちやすい塗料とは

結論から言うと白と黒です。清潔感や統一感があるという理由で選ばれていますが、大阪の業者としては、あまりおすすめしたくない色でしょう。塗料の質が落ちると汚れが付着しやすくなりますから、白や黒だとかなり目立ちます。

色によって古く見える傾向にある

青や赤といった濃い色は、劣化に伴い薄くなることがあります。古い印象になり、悪目立ちするでしょう。ただ、劣化は避けられないのでどの色にしても古臭くなるのは当然です。しかし、その中で最もそうさせるのが青や赤といった濃い色なのです。

どのような色が相応しいのか?

外壁塗装に使う色選びで重要なのは、周囲の景観を配慮することです。例えば、落ち着いた色の住宅が多いのにド派手な色にすると周囲の雰囲気をガラリと変えてしまいます。自分の家なので個性を出すことは別に悪いことではありません。しかし、派手すぎるとの理由で住民の間でトラブルが発生することも考えられるのです。色選びのヒントを得るために住宅周辺を歩き、どのような色で統一されているのかリサーチしましょう。そうすれば自分の家に合う色の系統を見つけることができます。

メンテナンスも大切

色によって古く見えても専門業者の元で定期的にメンテナンスをすれば、古い感じは一切なくなります。その場合、外壁塗装をして終わりにする業者ではなく長く付き合える業者選びが必要です。そうすれば、長い間色を楽しめるでしょう。

広告募集中