住宅トラブルは頻繁に起こっている

365日24時間外気に触れている住宅には、実にさまざまなトラブルが発生しています。中でも多いトップ3を下記で紹介します。今後の対策にぜひ役立ててください。

そのお家大丈夫?みんなが経験した住宅トラブル

no.1

雨漏り被害

建物を守る役目がある外壁ですが、メンテナンスせずにいるとひび割れが発生し、雨漏りの原因になる恐れがあります。ただ、外壁からの雨漏りはどこで発生しているのかが特定し辛く、修理が遅れる事態になります。外壁のチェックを欠かさずする、業者でメンテナンスをしてもらうのが早期発見に繋がります。

no.2

排水管からの水漏れ

20年程経過しているマンションで最も多いのが配管からの水漏れです。原因はサビによるもので、リフォームついでに修理されることが多いです。早めに直すのに越したことはないので、劣化の確認を専門業者に依頼しましょう。

no.3

水回りの詰まり

長い間使用しているユニットバスにヒビが入るのはよく聞く話です。蛇口をひねると根本から水が溢れ出てくるなんてこともよくあるでしょう。排水溝が詰まれば増水し、部屋の中に水が浸入する恐れがあります。水回りの詰まりも、設備の劣化によるものなので、早急にリフォームをした方が無難です。

リフォーム時期をチェックしよう

ユニットバスの交換時期

質のいいものでも、30年するとあちこち不具合が生じます。基礎部分もだいぶ劣化しているはずなので、補修や補強などの施工が必要です。

給排水管の寿命

毎年最低でも一回は配管の洗浄をすれば軽く10年は持つでしょう。特に劣化しているようには見えません。しかし、油や洗剤が付着したままだと、20年で詰まりや水漏れの症状を引き起こします。また、築年数が30年ぐらいの家は、配管部分がサビて赤水を発生させる危険があります。築浅の場合すぐに工事が必要とまではいきませんが、古い住宅の場合こうしたトラブルが頻繁にあるのでリフォームがてら交換しましょう。

外壁の塗り替え時期

理想は、家を建ててから10数年経過したころが外壁塗装をするいいタイミングとなります。そこから10年、20年、30年といった具合に進めるといいでしょう。定期的に塗り替え作業を行なえば、見た目はもちろん、耐久性もそのままです。

天井を張り替える場合

使用している断熱材の種類や構造、下地によって張替え時期は異なりますが、一般的に10年から15年を目安にします。手入れがしづらい場所ですが「室内でたばこを吸わないこと」を意識すれば、20年持ちます。

キッチンを交換するタイミング

新築戸建てに設置されることが多いシステムキッチン。収納棚や作業台など調理する時に必要なものを一つにまとめた超便利設備です。そんなシステムキッチンも10年~20年もすれば、ステンレスのシンクに水垢や傷などが目立つようになります。また、収納棚の扉にも症状が出始めるでしょう。場所によっては材木で出来ている箇所もあるので湿気によるトラブルが心配です。そうなると20年くらいで全取り替えするか、重要な部分だけ工事するかになります。

[PR]愛知で人気のリフォーム業者
快適な空間をGET♪

[PR]外壁塗装なら名古屋の業者にお任せ!
コスパ◎なサービスを提供中!

[PR]大阪で外壁塗装を検討しているなら注目!
家の外観をチェンジ☆

[PR]マンションリフォームは大阪の業者にお任せ!
家の悩みを解決しよう

[PR]外壁塗装なら福岡の業者に依頼しよう
失敗しない会社選びの方法を解説!

リフォームと外壁塗装をする前に知りたいベストなタイミング

作業員

リフォームの事なら専門業者へ

プロならではの知識を持ち、斬新なアイディアと技術で自宅で起こるトラブルを解決します。特に愛知や大阪の専門会社は実績が大変豊富で、職人技を持つスタッフを多く抱えています。福岡や名古屋の外壁塗装専門業者も同じように、熟練の技を持つ職人が多数いらっしゃいます。それゆえにマンションリフォームを依頼されることもあるでしょう。天井の張替え、フローリングの張替えなどの修繕はもちろん、外壁塗装に至っては塗り替えだけでなく防水工事も行い、快適と安全を提供します。

まずは相談と見積もり依頼

リフォームの場合、工事を行う箇所で費用が違います。また劣化具合でも左右されるでしょう。外壁塗装も、使う塗料で全く費用が違います。そのため大まかな費用を把握するためネットや電話で見積もりを出してもらう必要があります。本格的に依頼をするなら現地調査にて詳しい費用と話を聞くことも可能でしょう。

広告募集中